インフォメーション

INDUSTRIAL-XがDX実現の具体策を議論する「ConferenceX in 東京 2021」を12月10日に開催
―事業継続の為の”Change”―

2021年10月12日

デジタルトランスフォーメーション(DX※1)推進を行う、株式会社INDUSTRIAL-X(本社:東京都港区、代表取締役:八子知礼、以下INDUSTRIAL-X)は、12月10日(金)にDX実現の具体策を議論し、発信するカンファレンス「Conference X in 東京2021」を開催することをお知らせします。

※1:DX(デジタルトランスフォーメーション):データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

■開催の背景と趣旨

コロナウイルスは⼈、企業、産業、そして社会に⼤きな変化をもたらしました。何事も予測不可能で変化することが前提となる “VUCAの時代”に突⼊した今、あらゆる産業がDXを避けて通れないことは明らかです。DXはコロナ禍を前提とした「既存のビジネスの置き換え」や「プラスαの施策」では無く、事業継続の為の根本的なファクターになりつつあります。
本カンファレンスでは、デジタルを活⽤して先進的な取り組みを実践してきたビジネスリーダーや企業が集い、DXの実践事例とその先に⽬指すべき未来について議論します。

4回⽬の開催となる今回は、これまでの取り組みから大きくアプローチを変えたり、ESGというメガトレンドによって大きくDXとしての戦略を変えざるを得なかったり、DX推進組織の立ち上げや人材獲得を“Change”した様々な企業のリーダーたちが集って取り組みを披露することで、参加者共々、気づき、学び、共感し、そして⾏動へと繋がる⼤きなムーブメントを創出していくことを⽬的としたカンファレンスです。

■開催概要

名称:Conference X in 東京 2021
日時:2021年12月10日(金)セミナー13:00-17:30  名刺交換会 17:30-18:30
主催:株式会社INDUSTRIAL-X
協賛:株式会社コアコンセプト・テクノロジー 株式会社日刊工業新聞社
場所:東京カルチャーカルチャー 東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti SHIBUYA(渋谷 ココチ)4階
参加方法及び費用:名刺交換会つき会場参加(10,000円:50名様限定)オンライン視聴(無料:事前登録制)
対象:DX導入に興味関心のある方、DXの最新情報を知りたい方、 DX導入推進を検討中の事業会社様、ご担当者様
イベントWebサイト:準備中

■セッションテーマ

【セッション1】「DXアプローチ・チェンジ」
〜今、取り組むべきDX実践施策と進め方〜
コロナ禍で様々な領域で物理的な制約が発生し、それに対処するためにDXへの取り組みが加速した企業も多く散見されます。しかし状況が収束したとしてもこれまでの日常が戻ってくるとは限らず、DXへの取り組み方も転機を迎えています。このセッションでは、DXへの取り組みアプローチをこれまでとは大きく変えた企業の実例をもとに、その背景や実践における課題を紐解くことで新たなやり方でのDX推進の進め方について議論します。

【セッション2】「DX-ESG/CNストラテジー・チェンジ」
〜ESG経営のためのDX、環境の可視化、ESGスコア対応〜
CN(カーボンニュートラル、)が叫ばれる中、2022年、特に上場企業は開示が義務化されるESG(Environment Social Governance)スコア。これまでのDXへの取り組みを通じた企業変革はもちろん、DXがもたらす効果をESG経営とも結びつけて可視化することが必要になってきます。​このセッションでは、ESG経営やCNへの取り組みとDXはどう関係するか、それらに精力的に取り組む企業の現状や課題を交えて議論します。​

【セッション3】「DX組織カルチャー・チェンジ」
〜DXの本質を捉え実現するために求められる組織カルチャーの変革〜
DXの本質は業務の効率化のその先にあるデジタルで予測可能な新しい企業構造の形を構築することです。一方で“自部門”や、“凝り固まったカルチャー”という課題は依然として企業に存在し、DX推進を阻んでいます。本セッションではDX推進をする上で、デジタルで繋がる境目のない組織のカルチャーへと変革し、企業組織のあり方をDX推進とともに変えていくことの重要性について議論します。​

【セッション4】「DXビジネス・チェンジ&チャレンジ」
〜3つのセッションを振り返って現時点の課題と来年の取組の展望を語る〜
ここ1−2年の劇的な変化によりこれまでの当たり前は通用しない中で、アプローチもビジネスのあり方も組織も、これまで以上に柔軟な変化対応組織能力(Dynamic Capability)が求められています。このセッションでは、3つのセッションを振り返り、企業が今後取り組んでいくべき新たな “チェンジ&チャレンジ” を棚卸しし、来年のマーケットトレンドやDXへの取り組み方はどうなるか、そして企業はどう変化するかについて議論します。

一覧へ戻る

CONTACT US

まずはお気軽にご相談ください導入に関する質問やご相談、サポートに関することなど、
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム