会社案内メンバー紹介

取締役CFO 鈴木 吾朗
株式会社リンクス代表取締役(現職)
1996年三菱重工業株式会社入社、名古屋航空宇宙システム製作所で管理会計、MRJ目論見策定などに従事。退職後、株式会社gumiなど複数ベンチャー立上げ、経営管理部管掌取締役、執行役員として従事し、2015年株式会社リンクスを創業、代表取締役就任。レンタルCFOとして複数ベンチャー社外CFOに経営参画。シード、アーリーに特化した財務支援コンサルとして約150件、70億円の資金調達に携わる。株式会社官民連携事業研究所 取締役CFO、株式会社ママスクエア 取締役、株式会社Frenzy Capital 取締役、GFTD JAPAN株式会社 取締役、VANDDD株式会社 取締役、経済産業省発ドリームゲートアドバイザーなどを兼任。

取締役 吉川 剛史
早稲田大学法学部卒。日本電信電話株式会社から分社後、NTTコミュニケーションズ経営企画部、グローバル事業本部で海外新規事業開発と海外企業の買収・提携事業のプロジェクトディレクターとして勤務。その後、日本オラクル株式会社にて執行役員 経営企画室長(ミラクルリナックス社 社外取締役兼務)、株式会社ユニクロの海外事業開発部長、COACH A (U.S.A) Inc. CEO、明豊ファシリティワークス株式会社 専務取締役 経営企画室長などを経て、株式会社Y’s Resonance 代表取締役社長に就任。INDUSTRIAL-X設立時よりアドバイザーを務める。

社外取締役 白坂 成功
三菱電機にて人工衛星開発に従事。その後、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授となり、革新的思考方法論とシステム開発方法論などの研究を行う。2015年9月から2019年3月まで内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)プログラムマネージャを務め、2018年宇宙開発ベンチャー株式会社Synspectiveを共同創業。取締役に就任。INDUSTRIAL-Xでは、2020年7月より顧問を務める。

 
  
監査役 大雲 卓雄
  
1999年、ベックワンパートナーズ総合事務所に入所。2007年には同事務所のパートナーに就任。法務の観点はもちろん、公認会計士・税理士・社会保険労務士が所属する総合事務所の利点と人脈を生かし、経理・財務・人事・労務に渡る横断的な観点、オーナー企業とその経営に対する俯瞰的な観点を併せ持つ司法書士。一貫して中堅・中小・ベンチャー企業の会社法務、契約法務に携わり、企業再建をはじめ、事業承継の支援、株式事務・資本政策の遂行、各種取引契約の審査などに従事。

CTO 原田 豪
外資系システムコンサルタント、専門商社CIOで上場を支えるシステム戦略を策定・開発などを経験し株式会社セールスフォース・ドットコム入社。カスタマーエンゲージメント領域に特化した提案や構築に携わる。その後、株式会社Zendeskにて顧客との接点だけでなくIoT機器で収集したデータからAI(人工知能)を利用したプロアクティブに顧客とコミュニケーションを行う方法などを提案・講演を通して啓蒙し、2016年にはZendesk Top Performerを受賞。Salesforce、Zendesk、Azure、AWSなど様々なプラットフォームに精通している。

パートナーマーケティングマネジャー浜岸 昭江

開発リーダー安達 奨

事業開発アドバイザー四辻 弘樹

マーケティングリーダー吉屋 美奈

リードエンジニア黒崎 玲子

コミュニティリーダー大野 あゆみ

財務戦略室長原田 愛

アドバイザーのご紹介

INDUSTRIAL-Xでは各方面の経験豊富なアドバイザー陣をお迎えし、オープンで幅広いエコシステム形成を行いながら日本の産業構造のアップデートに本気で取り組む企業を熱く篤く支援する態勢を整えています。アドバイザーをご紹介します。

地方創生アドバイザー 鷲見 英利
株式会社官民連携事業研究所 代表取締役社長(現職) 2002年ハイアールジャパンホールディングス株式会社に社長補佐として入社。青島海爾の日本市場開拓、ブランディング構築に従事。同社退職後、2006年有限会社ガリアースを設立し、代表取締役に就任、また同年ジャパンハウジング株式会社を設立し、取締役に就任。ハイアール等海外企業の日本参入で得た知見、人脈を活かし複数事業を立上げる。2012年一般社団法人KAI OTSUCHI設立して初代理事長就任、その後プロジェクトが評価され総務省地域情報化大賞奨励賞を受賞。またママスクエアでも翌年総務省地域情報化大賞奨励賞を受賞し、2年連続で異なるプロジェクトで評価を受ける。2017年四條畷市特別参与に就任。 株式会社ママスクエア取締役、四條畷市 特別参与などを兼任。

小売流通アドバイザー 窪田 勝康
eBASE株式会社 取締役兼執行役員CFO(現職) 凸版印刷株式会社ソフトウェアビジネス本部長を経て、eBASE株式会社(証券コード3835)の創業メンバーとして創業。以降5年で新興市場へのIPOを実現し、その後、東証一部までの全ての上場プロセスや企業IR及び会計業務を最高財務責任者として担当。 eBASE社はあらゆる業界・業態の商品(製品)情報データベース関連の製品・サービスを自社開発して提供。 製造から流通に渡るサプライチェーンをインターネットで繋ぐ「企業間の商品情報交換の標準化」を担う。 また、日本最大級の商品データプールサービス「商材えびす」を開発運用することでデジタルコンテンツの利活用を推進。

プラットフォームアドバイザー 稲田 雅彦
元・株式会社カブク創業者・会長 大阪府出身。2009年東京大学大学院修了(コンピューターサイエンス)。大学院にて人工知能を研究し博報堂に入社。さまざまな業種の新規事業開発、統合コミュニケーション戦略、クリエイティブ開発に携わる。カンヌ、アドフェスト、ロンドン広告祭、TIAAなどを受賞。2013年に株式会社カブクを設立、代表取締役 兼 CEOに就任。3Dプリンティングによるデジタル製造プラットフォームを立ち上げる。トヨタ自動車、自動運転プラットフォームを提供するティアフォー社の自動運転EVのデザイン・設計・製造など、高い注目を集める。2017年9月に東証一部上場大手メーカーからのM&Aにより連結子会社化を行う。2019年6月、同社取締役会長を退任。

エコシステムアドバイザー 平川 健司
一般社団法人サービスデザイン推進協議会理事(現職) 株式会社電通にて新規事業開発およびアライアンスを担当。 2000年~2009年にかけて、東日本旅客鉄道株式会社担当アカウントプランナーとしてモバイルsuica導入、電子マネー導入、企業提携支援作業実施。2009年には、政府エコポイント事業のプロジェクト・マネージャーとして事業設計からコンソーシアム運営までの業務推進を実施。省エネルギー等事業の推進も行う。最近では、地域社会の課題解決や、中小企業・小規模事業者のIT化を支援するIT導入支援事業の推進支援を行っている。

製造業領域アドバイザー 木村 哲也
トヨタ自動車株式会社に21年勤務し、主に技術部で製品開発に従事。また、生産調査部でトヨタ生産方式を学ぶ。2013年に1次仕入先である旭鉄工株式会社に転籍。「人には付加価値の高い仕事を」をスローガンとし、IoT技術で設備稼働状況を可視化するシステムを構築。運用面などでの工夫を重ね、100ラインでの生産性を平均43%向上、労務費を年3億円以上節減。このノウハウを他社に展開し、日本の競争力向上に資するために「i Smart Technologies株式会社」を設立。IoTモニタリングサービスに加え、必要な知識を得るためのe-learningや、改善力向上コンサルティングサービスまで、自社で培ったノウハウを100社以上に幅広く展開中。東京大学大学院工学系研究科修了。

CONTACT US

まずはお気軽にご相談ください導入に関する質問やご相談、サポートに関することなど、
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム