【Press Release】累計登録者数2,000名を突破!業界を超えたプレイヤーがDXの今と未来を討議する「Conference X in 名古屋 2022」追加登壇者および協賛の決定、各セッション内容を先行公開

サプライチェーンDX、DX for ESG、MaaS…ビッグトレンドを業界を超えたプレイヤーが熱く語る 8月31日(水)開催のビジネスカンファレンス「Conference X in 名古屋」最新情報を公開しました。

デジタルトランスフォーメーション(DX※1)推進を行う、 株式会社INDUSTRIAL-X(本社:東京都港区、 代表取締役CEO:八子 知礼、 以下INDUSTRIAL-X)は、 8月31日(水)にDXの先にある “産業の未来” を描き、 発信するビジネスカンファレンス「Conference X in 名古屋 2022」を開催します。 この度は、 追加登壇者および協賛の決定と、 各セッション内容の先行公開をお知らせいたします。




「Conference X in 名古屋 2022」: https://lp.industrial-x.jp/conf-x-nagoya_2022
 
  • 「Conference X in 名古屋2022」開催の背景と趣旨
DXの先にある “産業の未来” を描き、 発信するConference Xは、 2020年の第1回開催から今回で6回目を迎え、 名古屋にて開催します。 2027年リニア新幹線開通を筆頭に、 名古屋はこれからどんどん新たな都市に生まれ変わっていくステージにあります。 そんな名古屋(愛知県、 中部地方)にゆかりのある企業を中心に、 各業界のプレイヤーが登壇し、 「サプライチェーンDX」「DX for ESG」「街と移動の形を考える」「社会づくりを考える」 をテーマに様々な取組事例をもとに討議します。
 DXの今と未来について、 気づき、 学び、 共感し、 そして行動へと繋がる大きなムーブメントを創出していくことを目的としているこのConference Xは、 登壇社・参加者問わず、 新たなビジネスの発展につながる実例が続々と生まれており、 未来を加速させる熱量を感じられるカンファレンスです。

※1:DX(デジタルトランスフォーメーション):データとデジタル技術を活用して、 顧客や社会のニーズを基に、 製品やサービス、 ビジネスモデルを変革するとともに、 業務そのものや、 組織、 プロセス、 企業文化・風土を変革し、 競争上の優位性を確立すること。
 
  • セッションテーマ・登壇企業*50音順
■13:30-14:20
【セッション1】サプライチェーンDX ―業界の境目を繋ぎ、 サプライチェーン全体で取り組むDX―

DX 推進で持つべき視点は、 自社を超えたサプライチェーンの上流から下流まで全体の俯瞰をすること。 市場のニーズを踏まえた上での事業の「全体最適化・価値創出の最大化」について、 建築材料・化学メーカー、 商社、 ロジスティクステック企業が徹底討議します。
【登壇企業】
・アイカ工業株式会社 情報システム部長 兼 DX/業務効率化支援グループ長 沖永 剛義 氏
・シーオス株式会社 代表取締役社長 松島 聡 氏
・豊田通商株式会社 グローバル部品SBU グローバル部品米州・欧州部 StreamsプロジェクトG グループリーダー 廣田 晶久 氏
・株式会社INDUSTRIAL-X 代表取締役CEO 八子 知礼(モデレータ)

■14:30-15:20
【セッション2】DX for ESG ―企業が持っておくべきESGの観点と具体策―

ESG 経営は、 “E/環境” “S/社会”に注目されがちですが、 実は “G/ガバナンス” が大きな落とし穴が潜んでいます。 昨今、 急速に進む工場 IoT 化にセキュリティが追いつかず、 サイバーアタックのターゲットになった事件が記憶に新しい中、 これらの経営の管理・監督を行う仕組み全体を指す“G/ガバナンス” の領域を考える必要があります。 今企業が取るべき行動や、 適切な情報開示について意見交換します。
【登壇企業】
・ケイティケイ株式会社 代表取締役社長 青山 英生 氏
・セレンディップ・ホールディングス株式会社 代表取締役社長 竹内 在 氏
・株式会社ミライト・ワン 経営企画本部 ESG経営推進部長 塩澤 慶一 氏
・株式会社INDUSTRIAL-X 取締役CSO 吉川 剛史(モデレータ)

■15:30-16:20
【セッション3】街と移動の形を考える ―テクノロジーと掛け合わせ拓く“これからの暮らしのかたち” ―

リニアの開通やアジア大会など、 今名古屋はまさに未来都市としてのステップを駆け上がっています。 中でも中部国際空港中編の地域はインバウンドに向けて「日本の未来都市としての玄関口」となるべく、 様々な構想や実証実験が行われています。
MaaSを筆頭としたテクノロジーとの掛け合わせで、 これまで暮らしや移動は、 どのように変化していくでしょうか。
人口減少や過疎化など、 目前に迫り来る社会課題の解決に向けた、 街と移動の新たな形について白熱した議論を繰り広げます。
【登壇企業】
・常滑市 企画部 企画課 主任 森 要平 氏
・名古屋鉄道株式会社 地域活性化推進本部 地域連携部 交通サービス担当課長 花村 元気 氏
・株式会社MaaS Tech Japan 代表取締役CEO 日高 洋祐 氏
・名古屋大学 未来社会想創造機構 客員准教授 野辺 継男 氏(モデレータ)

■16:30-17:20
【セッション4】社会づくりを考える ―未来を拓く名古屋の精鋭 by なごのキャンパス―

社会課題に注目し、 これまで存在しなかったサービスを構想し、 社会に浸透させる。 一つ一つの積み重ねにより、 社会は次第に変化していきます。
「ひらく、 まぜる、 うまれる 次の100年を育てる学校」がコンセプトである、 なごのキャンパスの企画運営プロデューサーである粟生氏をモデレータに迎え、 これからの社会づくりを牽引する経営者たちが、 それぞれの取り組みを熱く語ります。
【登壇企業】
・株式会社クララオンライン/neuet株式会社 代表取締役社長 家本 賢太郎 氏
・Crystal株式会社 代表取締役社長 蒼佐 ファビオ 氏
・株式会社New Ordinary 代表取締役CEO 作井 孝至 氏
・株式会社LEO 代表取締役 粟生 万琴 氏(モデレータ)
 
  • 開催概要
名称:Conference X in 名古屋 2022
日時:2022年8月31日(水)セミナー13:00-17:30  名刺交換会 17:30-18:30
会場:なごのキャンパス体育館(愛知県名古屋市西区那古野2丁目14-1)
参加方法:名刺交換会つき会場参加(10,000円:50名様限定)オンライン視聴(無料:事前登録制)
主催:株式会社INDUSTRIAL-X
共催:なごのキャンパス
協賛:豊田通商株式会社、 株式会社アルゴG、 ウイングアーク1st株式会社、 株式会社グローバルキャスト、 株式会社ジョイゾー
協力:一般社団法人日本デジタルトランスフォーメーション推進協会
メディアパートナー:ビジネス+IT、 BizZine、 coki
後援:中部経済新聞社、 日刊工業新聞社
対象:DX導入に興味関心のある方、 DXの最新情報を知りたい方、 DX導入推進を検討中の事業会社様、 ご担当者様
イベントWebサイト: https://lp.industrial-x.jp/conf-x-nagoya_2022
 
  • 株式会社INDUSTRIAL-Xについて
企業名:株式会社INDUSTRIAL-X(インダストリアル・エックス)
代表者:八子 知礼
所在地:〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目25-31 愛宕山PREX 11F
概 要:デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に必要なあらゆるリソースを最適かつワンストップで提供することによって、 企業および自治体の次世代型事業への構造変革をスピーディに支援するResource as a Service(R)ビジネスを行っています。 具体的にはあるべき姿のコンサルティング、 IoT/デジタルソリューションの目利きと導入、 現場改革リーダーとしての参画、 事業評価などを費用の払い方まで含めたサブスクリプションで提供します。 それらをサービスとして実現した「Resource Cloud」を提供しています。
URL: https://industrial-x.jp/

【主なサービス】
「Resource Cloud」

DXを実現するための様々な商材(リソース)を、 度々対面接触することなくワンストップかつオンラインで調達可能とするサービスです。 経営アドバイスから変革に必要なDXソリューションや人材をオンライン月額課金のサービスとして提供します。
URL: https://resource-cloud.jp/