【Press Release】DXによる産業構造変革を推進するINDUSTRIAL-X、CISOに大久保英徹が就任



DXによる産業構造変革を推進する株式会社INDUSTRIAL-X(本社:東京都港区、代表取締役:八子 知礼、以下当社)は、2024年5月1日付けで、大久保 英徹がCISO(Chief Information Security Officer / 最高情報セキュリティ責任者)に就任したことをお知らせいたします。

■就任の背景
当社は、企業や自治体の価値向上を後押しするために、「日本の産業構造を変革する」ことをミッションとし、DX推進支援をおこなっています。
この度、当社の全社情報セキュリティポリシーの策定や各種システムの構築・運用、セキュリティ環境の強化が進んだことに加え、顧客企業でのITアドバイザリ支援の強化も視野に入れて、DX推進をセキュリティ対策を伴って安全に加速させるために情報システムディレクターの大久保をCISOに選任しました。
当社は、独自のリソースとアプローチを掛け合わせ、マーケット全体で有機的に活用できる共同利用型プラットフォームを構築することで、「産業全体の構造変革の実現」を目指しています。

■株式会社INDUSTRIAL-X 代表取締役CEO 八子知礼コメント
大久保との関係は、NTT西日本時代からの付き合いで、10年以上になります。ネットワーク構築やシステムインテグレーション領域での経験があり、その上、対面スキルと企画力およびリーダーシップに長けていることを知っていました。昨年8月に当社に参画してもらったのも、大久保のスキルや知識のみならず、将来的にはCISOとしてのリーダーシップを発揮してもらうことを期待してのことでした。入社後から、セキュリティ環境の強化や情報システム全般の統制環境の整備に取り組んできましたが、それらの構築が一区切りつきました。これにより、攻めの情報システム活用の段階に入り、更なる活躍を見据えてCISOに任命しました。

■CISO(Chief Information Security Officer)大久保英徹プロフィール

NTT西日本にて、法人営業のSE、フレッツ光のシステム開発、自社グループ向け大規模VDIプロジェクト等でお客様対応・企画・開発・導入・運用の実務およびマネジメント業務に従事し、一貫してICT領域で経験を積む。直近ではNTT西日本からカーブアウトした新会社に創業から参画し、ドローンを活用したインフラ点検のDXを目指し、土木とICTのクロステック領域においてソフトウェアやハードウェアのプロダクト開発の責任者を務める。同時に、”ひとり情シス”として社内IT環境の構築・運用を行う。株式会社INDUSTRIAL-Xでは情報システム責任者として全社情報セキュリティポリシーの策定、各種システムの構築・運用、セキュリティ強化を推進する傍ら、クライアントワークにも参画。

■株式会社INDUSTRIAL-Xについて
企業名:株式会社INDUSTRIAL-X(インダストリアル・エックス)
代表者:八子 知礼
所在地:東京都港区西新橋3丁目25-31 愛宕山PREX 11F
概要:デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に必要なあらゆるリソースを最適かつワンストップで提供することによって、企業および自治体の次世代型事業への構造変革をスピーディに支援するResource as a Service®ビジネスを行っています。具体的には、あるべき姿のコンサルティング、IoT/デジタルソリューションの目利きと導入、現場改革リーダーとしての参画、事業評価などを提供します。それらをサービスとして実現した「Resource Cloud®︎」を提供しています。
URL:https://industrial-x.jp/

【主なサービス】
「Resource Cloud®」(リソースクラウド)
DXを実現するための様々な商材(リソース)を、度々対面接触することなくオンラインで調達可能とするサービスです。経営アドバイスから変革に必要なDXソリューションや人材をサービスとして提供します。
URL:https://resource-cloud.jp/

「Resource Cloud HR」(リソースクラウドエイチアール)
企業のための人材育成支援(研修)と採用支援サービスを提供しています。
URL:https://hr.resource-cloud.jp/

「Xist career(TM)」(エグジストキャリア)
DX人材の転職支援とキャリアアップのためにリスキリングを希望する方向けに育成コンテンツを提供しています。
URL:https://xist-career.jp/